お役者文七捕物暦 蜘蛛の巣屋敷 (1959)

中村錦之助の文七捕物暦シリーズ第一作。横溝正史の原作を比佐芳武が脚色し、沢島忠が監督、坪井誠が撮影した。

監督:沢島忠
出演:中村錦之介、中村時蔵、中村芝雀、二代目中村歌昇、中村嘉葎雄、進藤英太郎、片岡千恵蔵

お役者文七捕物暦 蜘蛛の巣屋敷 (1959)のストーリー

名題役者播磨屋敷歌六の息子文七(中村錦之介)は、世をすねて遊び人となっていた。その彼が闇夜に覆面の武士達に追われる腰元を見て、こともあろうにその侍達に金をたかって傷を受けた。長屋のお半(桜町弘子)に手当をうけた彼は与力池田大助(中村嘉葎雄)に事情を訴えたが信じて貰えなかった。同じ夜、勝田藩江戸邸で、老中水野和泉守の嫡男忠常への嫁入りを前に、長女輝姫が土蜘蛛の精に操を奪われた事件が起った。昔土蜘蛛と称する一味の一揆があったが、一味は総て死刑に処されたはずだった。相談をうけた大岡越前守(片岡千恵蔵)も困惑し、究明を大助に命じた。一方山村座千秋楽の日、文七の父歌六が何者かに殺された。そのうえ、ひいきによばれた秀歌が阿片で眠らされ、死体と化した輝姫のそばで発見される事件が起った。与力大助と連絡をとりながら、文七は役者あがりの経験を生かして、変装によって姿をかえ、事件の探索にのりだした。そして根気よく探ったすえ、一味の根城をつきとめた。けれども彼と大助一行がかけつけた時には、あたりはもぬけのからで、昔の土蜘蛛党の血をひく大日上人の死体が残っているのみだった。途方にくれる大助に、文七は一芝居うって土蜘蛛一味をおびきよせるよう図った。数日して、勝田藩から、輝姫にかわって妹振姫の輿入りが発表された。日どりは明日。その晩、姫の部屋を見はる文七の眼の前に、黒い妖雲とともに土蜘蛛の精が出現した。しかし文七はそれが芝居者あがりの市之丞が、芝居と同じ道具だてでやっているしわざと見破り、彼を追って地下道に入り、隣の掛川藩の屋敷に出た。総てのことは、自藩の姫を老中の嫡男に輿入れさせて勢力を得んがため、掛川藩の家老内藤監物(薄田研二)がたくらんだことだった。大助や越前守配下の一団がかけつけて、一味は縄にかかり、文七は親の仇と、かねてからの疑問を晴らすことが出来た。

関連記事

  1. 源氏九郎颯爽記 白狐二刀流 (1958)

  2. 江戸の名物男 一心太助 (1958)

  3. 独眼竜政宗 (1959)

  4. 紅顔の若武者 織田信長 (1955)

  5. 大菩薩峠 第二部 (1958)

  6. 殿さま弥次喜多 捕物道中 (1959)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。