弥太郎笠 (1960)

子母沢寛の原作を、観世光太・村松道平が脚色、マキノ雅弘が監督し、三木滋人が撮影した股旅もの。

監督:マキノ雅弘
出演:萬屋錦之介、丘さとみ、大河内傅次郎、千秋実、藤田進、東千代之介、日高澄子、原健策

弥太郎笠 (1960)のストーリー

旅鴉りゃんこの弥太郎(萬屋錦之介)は貸元虎太郎(大河内傅次郎)のもとにわらじを脱ぎ娘お雪(丘さとみ)に心をひかれた。虎太郎には料亭桔梗屋を営むお牧(日高澄子)という囲い女があった。ところがこのお牧が悪貸元お神楽の大八(藤田進)といんぎんを通じているのを知った弥太郎はやもめの虎太郎が彼女を後妻に迎えようとしているのを見て、お雪の身の上を心配した。あての知れない旅に出る前に、弥太郎は八州見まわり役桑山盛助(東千代之介)にお雪のことをたのんだ。もとをただせば旗本の御曹子である弥太郎は、桑山と幼ななじみだったのである。桑山盛助は親分衆の集った席でお牧と大八の関係をあばいた。ところが大八は、ひきょうにも虎太郎を闇打ちにして殺してしまった。そうなると一人さり二人さり、一家のものはお雪の家をはなれて大八がたについてしまった。気ままな一人旅に日を送るうちに、弥太郎は吉太郎(千秋実)といういかさまバクチ師と知りあい、その気性にひかれて仲よくなった。だが子分など持つことのきらいな弥太郎は、彼と別れてまた一人旅に出た。折も折、弥太郎は、今は一人お雪を守って虎太郎の縄ばりを管理している玉蔵(原健策)に会い、虎太郎一家の現在のありさまをつぶさに聞いた。そして、飛ぶようにしてお雪のもとにかけつけた。弥太郎の力で、失われた虎太郎なきあとの一家の勢力は、だんだんと回復していった。これを見て、お神楽の大八は弥太郎を目の仇にしはじめた。お祭りの夜、大八は踊りのにぎわいを利用して弥太郎を殺そうとした。それは、一年前、虎太郎を殺したのと同じやりかたであった。危機におちいった弥太郎を間一髪のところで救ったのは、偶然大八の家にわらじを脱いでいた吉太郎だった。あとは、旗本直参くずれりゃんこの弥太郎の長脇差が、ぞうさもなく大八の首を血祭りにあげてしまった。上州松井宿にはまた平和な日々がやってきた。

関連記事

  1. 宮本武蔵 (1961)

  2. 若き日の次郎長 東海の顔役 (1960)

  3. 瞼の母 (1962)

  4. 反逆児 (1961)

  5. 若き日の次郎長 東海道のつむじ風 (1962)

  6. 宮本武蔵 巌流島の決斗 (1965)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。