武士道残酷物語 (1963)

中村錦之助と名匠・今井正監督が、南条範夫の原作をもとに日本人に根強く残る武士道精神の系譜を、江戸時代から現代までの七代七つのエピソードで綴り、血塗られた忠義の歴史を異常残酷なタッチで描いた話題大作。今井監督の冴え渡る演出で、見事、第13回ベルリン映画祭金熊賞を受賞した傑作。

監督:今井正
出演:中村錦之助、有馬稲子、丘さとみ、岸田今日子、渡辺美佐子、三田佳子、河原崎長一郎、沢村精四郎、松岡紀公子、山本圭、佐藤慶、織田政雄、西村晃、加藤嘉、柳永二郎、東野英治郎、江原真二郎、木村功、森雅之

武士道残酷物語 (1963)のストーリー

日東建設の営業部員、飯倉進は婚約者の人見杏子が自殺を計ったとの知らせに、眠っていたある記憶を呼びおこした。故郷信州の菩提寺で発見した先祖の日誌に記された、世にも残酷な話のことである。

【飯倉次郎左衛門の章】関ヶ原合戦後、浪々の身であった飯倉次郎左衛門は信州矢崎の小大名堀式部少輔に拾われた。寛永十五年主君と共に島原の役に服した次郎左衛門は、一揆勢に黒田屋敷を焼かれた科で幕僚から叱責を受けた式部少輔の罪を被り、本陣門前で割腹して果てた。
【飯倉佐治衛門の章】乱後三年、近習に取立てられた伜佐治衛門は衷心をもって病床の式部少輔に仕えたが、勘気にふれて閉門を命ぜられ加増分を召上げられた。しかし、佐治衛門の忠心は変らず、ほどなく死亡した式部少輔の後を追って切腹した。
【飯倉久太郎の章】時代は元禄、江戸遊学中の佐治衛門の孫久太郎は時の藩主丹波守宗昌の眼にとまりお手付小姓となったが側室萩の方との仲を疑われ、男色に狂う宗昌の命で羅切りの酷刑にかかり果てには萩の方を妻にもらいうけ信州に帰った。
【飯倉修蔵の章】天明期に移り、全国各地天災地変がおこり農民達は苛斂誅求に苦しんでいた。時の飯倉家当主修蔵は奉納試合で秘剣“闇の太刀”を披露し藩主安高に褒美を貰い、娘さとと野田数馬の祝言も決まるなど幸福の絶頂にあった。同じ頃、藩を脱け出した農民五名が江戸の老中田沼意知に直訴した。安高は国家老の勧めに従い美貌のさとを賄賂として献上、五人の濃夫を鋸引きの刑に処し、その上修蔵の妻まきを慰みものにしようとしたため、まきは自害した。閉門蟹居中の修蔵のもとに意知の死でさとが下って来たが、数馬との邂逅が安高の目にふれ二人は不義密通の科で捕えられた。耐えかねた修蔵は諌言を決意して陣屋に赴くが、安高は修蔵が得意の“闇の太刀”で罪人を斬れば許してやると目隠しをし、剣を握らせた。一瞬、見事打ち落した首はさとと数馬だった。修蔵は太刀を腹に突き刺すとその場に伏した。
【飯倉進吾の章】時代は明治と変り、時の飯倉当主進吾は青雲の志を抱いて上京、気が狂った最後の藩主高啓の面倒を見て車曳をしながら勉学に励んでいたが、将来を誓いあったふじの体を高啓に奪わてしまった。進吾は悩んだ揚句病床の高啓の元へふじを通わせる決意をするが、その時、高啓は階段からころげ落ちた。その後、進吾はふじと所帯を持つが、身重の妻を残して日清戦争で戦死した。【飯倉修の章】その子、つまり進の父に当る多津夫は満州事変で戦死。進の兄修も第二次大戦に特攻隊員として戦死した。
【飯倉進の章】そして現代、進は上司山岡営業部長に杏子との仲人を頼んだところ、信州ダムの入札に関する競争会社飛鳥建設の情報を盗むよう言われた。飛鳥建設のタイピストを勤める杏子はしぶしぶ承知した。程なく入札は進の日東建設の勝利に終った。乾杯の席上で進は山岡に結婚を延期するように勧められた。理由は式場に飛鳥建設の木原重役が出席するというだけのことだ。杏子の悲しみと怒りは睡眠薬服用というかたちで進を責めた。あの残酷な歴史、かくは生きまいと誓った進がそれをくり返していたのだ。進は意識を取り戻した杏子と二人だけで結婚する決心をした。

関連記事

  1. 若き日の次郎長 東海の顔役 (1960)

  2. 宮本武蔵 (1961)

  3. 一心太助 男一匹道中記 (1963)

  4. 殿さま弥次喜多 (1960)

  5. 若き日の次郎長 東海一の若親分 (1961)

  6. 関の彌太ッペ (1963)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。