反逆児 (1961)

家康の長男、三郎信康の悲劇を描く歴史もの。大佛次郎の『築山殿始末』より伊藤大輔が脚本を書き、自ら監督した戦国時代劇。撮影は坪井誠。

監督:伊藤大輔
出演:萬屋錦之介、佐野周二、岩崎加根子、松浦築枝、東千代之介、月形龍之介、原健策、杉村春子、桜町弘子、中村錦司

反逆児 (1961)のストーリー

武田の大軍を迎えて鮮かに勝利を収めた家康の一子三郎信康(萬屋錦之介)は、一躍織田陣営に名をあげ、岡崎の城に凱旋したが、次女を生んだ妻徳姫(岩崎加根子)は気位高く信康が産室を見舞うことを許さなかった。今川義元の血をつぐ築山御前(杉村春子)を母に持ち、九歳で信長の娘徳姫を娶った信康は戦国時代とはいえ、血の相剋に生きる運命児だったのだ。父母は身の立場から浜松と岡崎に居城を別にしている有様、築山御前の冷い仕打に妻としての態度も忘れかけた徳姫との溝が深まって行くのも仕方がなかった。苦悶の続くある日、信康は野で菊を摘む花売のしの(桜町弘子)に一度だけの愛を与えたが、築山御前と情を通じる鍼医減敬の配下亀弥太(中村錦司)に目撃されていた。妻には心の隔りを感じる信康にも服部半蔵(東千代之介)、天方、久米ら忠誠の部下があった。信康だけを愛する母築山御前は、怨敵信長(月形龍之介)を討ちとるようにと老巫女梓を供に持仏堂に籠り、信長・徳姫父子の呪殺を祈願していたが、亀弥太の情報から一計を思いつき、しのに今川家を建てる男子を孕ますべく侍女小笹と名を変えさせて信康の身辺に置いた。母の企みに気ずいた信康にもまして徳姫の打撃は大きかった。築山御前の謀略は意外に大きく減敬らを使い、武田方に織田徳川の情報を売ろうとしていたことも明らかになった。「母上が信康の母でさえなければ斬り、父上が信康の父でなければ討ちます。生きるに生きられぬ思いはこの信康……」と絶句、障子の蔭で立ち聞くしのと梓を一刀で仕とめた。徳姫は十二カ条の訴状を父信長に屈けた。夫婦の誤解もとけてひしと抱きあう二人だったが時は遅く、かねてから信康の抬頭を快く思っていなかった信長は、秀吉(原健策)の入智恵をもって訴状をたてに、信康と築山御前の断罪始末を家康(佐野周二)に命じてきたのだった。家を護るために妻と子を死路に追いやらねばならない家康にもまして、信康の胸中は複雑だった。母は既に浜松に護送され信康の死場所も二俣城に決った。介錯は事もあろうに服部、天方、久米。三者三様の慟哭のうちに信康最期の時が訪れた。時に天正七年九月、そして信長が本能寺の変に斃れたのは、信康自刃の二年八カ月後の事であった。

関連記事

  1. 一心太助 男一匹道中記 (1963)

  2. 宮本武蔵 (1961)

  3. 瞼の母 (1962)

  4. 殿さま弥次喜多 (1960)

  5. 宮本武蔵 巌流島の決斗 (1965)

  6. 若き日の次郎長 東海の顔役 (1960)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。